最高のオルニチンサプリランキング〜肝臓・疲労など気になる方必見〜

オルニチン サプリ

肝臓のよく知られている機能は、アルコールの解毒、胆汁の生成、代謝、エネルギーの貯蔵でしょう。実際には、500以上の仕事を抱えているといわれます。食べ過ぎや飲みすぎ、睡眠不足などが続くと肝臓は十分に休息できない状態に。使いすぎや脂肪の蓄積で肝機能が低下してしまいます。そのため代謝や解毒がしっかりできず、エネルギー不足や毒素が蓄積されて疲労につながります。

 

肝臓の数値が悪い、疲労が抜けないという方は、肝臓を働かせすぎて機能低下に陥っているのです。そんなときは肝臓で活躍するアミノ酸、オルニチンがおすすめ。肝臓の働きを助けて、疲労を回復してくれます。当サイトでは、オルニチンが豊富に入ったサプリをランキングにてご紹介。肝臓の数値や疲労が気になる方、必見です。

 

オルニパワーの特徴

厳選された成分を贅沢に配合した自信のオルニチンサプリです。まずは業界トップクラスのオルニチン配合量800rが自慢。アルコールを飲む機会が多い人に摂ってほしい亜鉛もしっかり12r入っています。抗酸化作用で体を守るアスタキサンチンも配合。1日4粒。飲みやすい粒タイプです。こちらのページ限定で、毎月定期コースが初回1袋980円(税込)。30日間安心返金保証もあり、始めやすくなっています。元気を取り戻したい方に。

価格 980円
評価 評価5
備考 オルニチン800r・亜鉛12r・アスタキサンチン

 

ヘパリーゼZの特徴

オルニチン配合の通販限定サプリです。肝機能を改善・回復させるオルニチンに、肝臓エキスをプラス。そのほかセサミンなど、全5大健康成分を3粒にギュッと詰め込んでいます。オルニチンは3粒で約200個分相当にも!1日分3粒が便利な個包装になっています。お得な3袋セット(約15日分)なら、3,645円(税込)。最近元気が出ないという方におすすめです。

価格 3,645円
評価 評価4
備考 3粒でしじみ約200個分のオルニチン・セサミン

 

レバリズム-Lの特徴

肝臓のために嬉しい成分が配合されたサプリです。オルニチン豊富なしじみエキス、亜鉛がたっぷりの牡蠣エキスが入っています。さらに酸素を運んで肝臓を助けるスクワレン、抗酸化作用のあるビタミンEなども。1日3粒。どこでも飲める個包装になっています。初回モニター価格なら、1ヶ月分が980円(税込)。疲れが溜まっているという方に。

価格 980円
評価 評価3
備考 しじみエキス・牡蠣エキス・スクワレン

オルニチンの効果は?

 

最近オルニチンという言葉をよく耳にするのではないでしょうか?オルニチンは体内に存在するアミノ酸の一種です。肝臓に作用するアミノ酸としてよく知られていますが様々な効果があるとされています。ではオルニチンにはどのような効果があるのでしょうか?オルニチンの効果について紹介します。

 

・肝臓のアルコール分解を助けて二日酔いを和らげる

 

一般的に知られている効果として最もあげられるのは二日酔いに効くという点ではないでしょうか。オルニチンは肝臓の働きを助けます。お酒をたくさん飲むとアルコールを分解する必要があります。個人差もありますが、ある程度の量のお酒ならもともと備わっている肝臓の機能で十分分解できます。しかし、大量に飲むとアルコールが分解できず二日酔いが起こります。そこで、オルニチンにより肝臓の機能を回復させると普段より二日酔いが起きにくくなるのです。

 

・肝臓の機能を助けて疲労回復を促す

 

オルニチンの効果として疲労を回復しやすくすることがあげられます。二日酔いの効果と同様にオルニチンが肝臓へ働きかけることがポイントになります。肝臓に負担がかかると疲労がたまりやすくなります、そこでオルニチンの作用で肝臓の働きが改善され蓄積された疲労が解消されていくのです。

 

・肝臓の解毒作用で肌を美しくする

 

体内でできた老廃物は肝臓で解毒されます。肝臓の機能が低下してしまうと、解毒作用が弱まってきて、肌荒れやにきびなど肌へ悪影響を及ぼしてしいます。そのため、オルニチンにより肝臓の機能を改善させることで、解毒作用を促し、肌へも良い影響を及ぼすのです。

 

・成長ホルモンの分泌させダイエットをサポートします

 

人の体は日々新しくなっていています。様々な組織を作り変えていくためには成長ホルモンの働きは欠かせません。オルニチンは成長ホルモンの分泌を促すと言われています。そのことで、筋力が向上したり、体の代謝を向上させたりするためダイエットにも効果的であると言われているのです。

 

オルニチンと一緒に摂りたい栄養は?

 

オルニチンは他の栄養素と一緒に摂ることでその効果をより発揮することができるとされています。いくつかの栄養素と相性が良いので一つずつ見ていきましょう。

 

・オルニチンと亜鉛

 

オルニチンと亜鉛はどちらも成長ホルモンの分泌を促すという効果があります。そのため、一緒に摂ることでそれぞれに相乗効果があるというよりは、単品よりもさらに成長ホルが促されるという点で併用する効果はあるといえます。

 

・オルニチンとタウリン

 

オルニチンとタウリンの共通点は肝臓に機能をサポートする点です。オルニチンは肝臓に直接働きかけるのに対し、タウリンは肝細胞を守ったり、胆汁の分泌を促したりすることで間接的に肝臓の機能を守ります。そのため、両方を取ることで別々の視点から肝臓の機能をサポートすることができるため効果的であると考えられます。

 

・オルニチンとアルギニン

 

アルギニンはオルニチンが体内で変化していった結果生成されるアミノ酸の一種です。その大きな特徴は一酸化窒素を生成するということ。一酸化窒素は血流を改善させて代謝を高めるといった作用があります。併用することで相乗効果は期待できないかもしれませんが両者の効果を同時に得るという利点はあると思います。

 

・オルニチンとシトルリン

 

シトルリンもアルギニンと同様にオルニチンが体内で変化したものです。そのため併用することでの相乗効果はあまりないと言えそうです。シトルリンの効果もアルギニンと同様に血流の促進という点でオルニチンとの併用可能です。

 

・オルニチンとその他の栄養素

 

オルニチンには代謝を促す効果があるとされています、カルニチンにも代謝を助ける効果があります。特に脂肪の燃焼を促す効果があるとされるので、オルニチンと併用することで代謝をより促進できる効果が期待できます。またリジンという栄養素はアルギニンの成長ホルモン分泌効果を促進させるとされています。オルニチンとの効果とは直接関係はありませんが、オルニチン、アルギニン、リジンは3つが配合されているサプリメントもあり成長ホルモンをより分泌させるために同時に摂取することもあるようです。

 

以上のようにオルニチンと一緒に摂ることで、オルニチンの効果を補ったり、付加的な効果を期待できたりすることがあるようですので参考にしてみてください。

 

オルニチンは1日の目安摂取量はどれくらい?

 

オルニチンの効果を十分に発揮するためには、1日摂取する量をしっかりと把握しておく必要があります。量が不十分だと効果が出ませんし、過剰にとりすぎると悪影響を及ぼす危険性があります。ここでは、1日の目安となるオルニチン摂取量を紹介します。

 

・目的にあった1日の目安摂取量

 

一般的に1日の目安摂取量は400mg?1000mgといわれています。しかし、オルニチンによる効果は色々あり、期待する効果によって摂取量の目安が変わるようです。例えば肝臓の機能を改善させようとする場合は1000mg?1500mgを目安とし、ダイエットなどが目的となる場合はそれ以上の2000mg?3000mg程度のオルニチンを摂取が必要とされています。ただし、いきなる大量のオルニチンを摂取することは副作用などのリスクがあるようですので、まずは一般的な1日の目安摂取量である400mg程度から始めて、徐々に自の体調などと相談をしながら摂取量を増やしていくのが良いかもしれません。

 

・目安摂取量より大量にとってはいけないのか

 

オルニチンには目安となる摂取量がありますが、それ以上に摂取すると効果はないのでしょうか?オルニチンを1日に10gなど大量に摂取すると、肝臓への負担が増加して下痢や胃痛などのトラブルも見られるようです。普通に食事をしたり、サプリメントを表示通りに摂取したりしているだけでは10gといった量のオルニチンを摂取することはまずないと思います。しかし、普通に摂取した人でも下痢になったりする例もあるようですので、まずは一般的な目安を参考にしながらサプリメントなどで調整していくのが良さそうです。また、もともと肝臓が弱い人などは専門家に相談したり、目安摂取量から始めたりといった工夫をしたほうが安全なのではないかと思います。

 

・食事で言ったらどのくらいの目安になるか

 

一般的にオルニチンを多く含む食品としてしじみが挙げられます。しじみは100gで約15mgのオルニチンを含むと言われています。そのため1日の目安摂取量となる400mg以上を摂取しようとしたら大量のしじみを食べる必要があります。毎日は難しいのでサプリメントの活用をしましょう。

 

オルニチンは食品、サプリどっちから摂るべき?また飲むタイミングは?

 

オルニチンは肝臓にもともと存在する栄養素ですが、効果的な作用を期待する場合は目安となる摂取量を外からの摂取する必要になります。主には食品から摂取する場合とサプリメントでの摂取が挙げられます。今回はどちらで摂取すべきかをそれぞれのメリット、デメリットをあげながら検討し、飲みタイミングについても紹介します。

 

・食品で摂る場合のメリットとデメリット

 

しじみに代表されるようにオルニチンを多く含んだ食品は数種類あります。まずしじみには100gあたり15mg程度のオルニチンが含まれます。次に挙げられるのがマグロですが、8切れ食べてもしじみ100gの半分以下のオルニチンしか含まれませんのでしじみがいかにオルニチンを多く含んでいるかがわかります。しじみやマグロなどはオルニチン以外にも多くの栄養素を含んでいます、料理として他の食材と一緒に摂取できるのでバランス良く栄養素を取れる点が食品で取る場合のメリットになるでしょう。それでも、1日の摂取目安となる400mgには遠く及びませんので、その含有量の少なさが食品のデメリットであるといえます。

 

サプリメントで摂る場合のメリットとデメリット

 

サプリメントは色々な種類が発売されていますが、どれも少量の摂取で多くのオルニチンが取れるという点が最大のメリットです。そのため、毎日、効率よくオルニチンを摂取できます。デメリットはそれほどあげられることがないですが、過剰摂取のリスクは食品よりも高くなります。そのため、表示されている摂取量以上に摂取しないようにし、不安な場合は食品から始めて、調子が良さそうならサプリメントなどを併用していくのがいいかもしれません。

 

・オルニチンを摂るタイミングは?

 

オルニチンは二日酔い防止のためであれば、アルコール摂取後に取り分解を助けてもらうようにしましょう。また、運動後に取ることで疲労の回復を早めてくれる効果も期待できます。就寝前に飲めば、就寝中の成長ホルモンの分泌を助けてくれる効果が期待できるので試してみましょう。どちらにしても、まとめて大量に摂取せずに、何回かのタイミングに分けて摂取していきましょう。

 

肝臓の活性化に働くオルニチンサイクル!

 

オルニチンは肝臓の機能を助けたり改善させたりするとされています。その具体的なメカニズムの一つとしてオルニチンサイクルというものがあります。いったいどういう作用なのか説明してみたいと思います。

 

・オルニチンサイクルのメカニズム

 

人にとってアンモニアは毒素であり有害な物質です。そのため、無害な物質に変化して排出していき必要があります。それ機能を担っているのがオルニチンサイクルになります。オルニチンサイクルは肝細胞で行われています。簡単なメカニズムを説明します。まず、アンモニアは炭酸が反応してカルバモイルリン酸を合成します。カルバモイルリン酸と反応するのがオルニチンになります。そうして合成されるのがシトルリンです。シトルリンとアスパラギン酸が反応してアルギニノコハク酸を合成します。アルギニノコハク酸が分解されて生成される物質がアルギニンになります。さらアルギニンは水と反応することで、オルニチンと尿素を生成します。そして尿素は腎臓をへて体外へ排出されます。オルニチンは再利用されオルニチンサイクルを担うのです。オルニチンやアルギニンが体内で生成されるアミノ酸とされるのはここからもわかります。

 

・オルニチンサイクルの効果

 

アンモニアはたんぱく質分解する際に体内で生成される物質です。毒性を持っており、神経細胞に悪影響を及ぼし、脳にダメージを与えます。肝機能が低下する肝硬変などはこのオルニチンサイクルの働きが困難となり、アンモニアを尿素に分解できないために肝性脳症といった病気を招きます。オルニチンサイクルは人が健康を保つためになくてはならない機能なのです。

 

・オルニチンとオルニチンサイクルの関係

 

オルニチンサイクルのメカニズムで説明したように、オルニチンは重要な材料となります。そのため、肝臓の機能を改善させる効果がある栄養素として注目されているのです。オルニチンサイクルをみるとオルニチンは体内で生成されるのがわかります。そのため、普段はそれほど気にして栄養素をとして摂取することは少ないかもしれません。しかし、二日酔いの改善や代謝のアップなどより効果を期待する場合は食品などからの摂取が必要となるのです。

更新履歴